■ ニュージーランドへの航空券

ニュージーランド航空 羽田・成田 - オークランド直行便 \88,000〜
羽田(東京) - オークランド エコノミー 88,000円〜 
羽田/成田(東京) - オークランド プレミアム・エコノミー 179,000円〜 
羽田/成田(東京) - オークランド ビジネス・プレミア 288,000円〜 
販売終了日:2017年6月5日
旅行対象期間:7月21日(金) - 2018年3月26日(月) 
ニュージーランド航空 羽田・成田 - オークランド直行便 \88,000〜

ニュージーランド航空 関西 - オークランド直行便 \97,000〜
関西(大阪) - オークランド エコノミー 97,000円〜 
関西(大阪) - オークランド プレミアム・エコノミー 180,000円〜 
関西(大阪) - オークランド ビジネス・プレミア 259,000円〜 
販売終了日:2017年6月5日
旅行対象期間:10月27日(金) - 2018年3月26日(月)
ニュージーランド航空 関西 - オークランド直行便 \97,000〜

ニュージーランド直行便の航空券を購入するには、ニュージーランド航空  一番安い航空券を提供しています。サイトにオンライン最安価格保証があるので、これ以上の直行便の格安チケットを他のサイトで得る事はできません。

スマートフォンの方はこちらから!!

TOEICを受験できる場所

ニュージーランドでTOEICを受けられる場所は、何箇所かあります。通常、試験は1ヵ月に1回位実施されており、金曜日の午後から始まります。詳細は、各学校のサイトにてご確認下さい。学校により多少料金は違う様です。

オークランドでは、下記の学校にて受ける事が可能です。
KIWI English Academy
WLCNZ INSTITUTE
UUNZ Institute of Business
Foundation English
Crown Institute of Studies

遅くともテストの日の2週間前には、申し込む必要があります。そして結果は、一ヵ月後に取りに行く又は、学校から郵送で、2〜3週間後に送られて来る様です。
posted by フリーマン at 08:00 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

英語の勉強を始める場合

ニュージーランドに来て初めて思った事は、英語を中学校から学んでいるのに、その英語が全く聞き取れませんでした。もちろん、なまりのある人もいますが、それだけとは思えません。

そしてその理由は、私たちが日本人の先生からならっている為で、ロケットニュースのこの記事にある様に、日本人は日本人の英語の先生から習いたいと思っています。しかし、日本人から習った英語は、”日本語英語”と言う言語で、”英語”ではありません。もちろん、文法は同じなので、翻訳家になりたい人は、日本人に教わった方が良いかもしれません。しかし、もし外人と話したいと思うのであれば、外人に習った方が良いです。なぜなら、質問する時に、何とか理解してもらおうと、頭を使い、発音も頑張って調整するからです。

ただし、日本に来ている若い外人の人達は、ワーホリとかで来ているので、英語を教えた事などありません。その為、日本人の言っている事がわからないと言うより、言語を教える方法を知らないので、その言語を理解していない人の考えている事がわからないのです。

考えて下さい。もし、あながた外人から日本語を教えてくれと言われたら、何から教えますか?わからないでしょう。私は、ニュージーランドで韓国人に日本語を素人ながら教えたので、その時、どう教えるのかを考えました。

私が一番にお勧めする英語の先生は、英語が第二外国語で、英語を流暢に話す人です。理由は、たぶん英語を勉強したことがあるので、生徒の気持ちや、わからない理由がわかると思うからです。その為、教え方も上手です。

これは、あくまで私の意見です。正しいかどうかはわかりません。
posted by フリーマン at 08:00 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

IELTSの受験費用値上がり

2012年7月1日よりIELTSの受験費用が値上がりしました。以前は、NZD$365.00でしたが、$20値上がりして、今はNZD$385.00です。どんどん値上がりします。早く目標のポイントを取る事が重要です。

それと、リマーク(自分のポイントに満足がいかなかった時に申請する費用)は、なぜかNZD$230.00からNZD$225.00に$5値下がりしました。
posted by フリーマン at 07:06 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

IELTSのテスト結果に不満がある?

IELTSの試験を受けて、結果を見てがっかりする人も多いのではないでしょうか。私は、何度もガッカリしています。申し込んだ時にもらった用紙を見ると、$230を支払うとリマークが可能と書いてあります。しかし、日本人の感覚から行くと、テストの結果が覆るとは思いませんよね〜。

そこで、どこかのサイトで誰かリマークを出して、結果が良くなっていないか調べました。そして、見つかったのが、下記のサイトです。
リマーク1
リマーク2
リマーク3

上記のサイトで、何人かの人達がライティング及びスピーキングの結果は上がると可能性があると書かれていました。

私は、ユニテックで受けたので、$230を支払ってリマークを申請しました。受付で、嫌な顔をされる事を心配しましたが、英語圏ではリマークは当たり前の事の様で、何も嫌な事は言われず、「申請用紙には、6週間から8週間かかると書いてあるが、4週間で通常結果は帰ってくる」言われました。そしてその通り1ヵ月で結果がきました。

ニュージーランドの場合には、オーストラリアのIELTS機関に送って、上級試験官が再度点数を確認する様です。その為に時間がかかります。試験時と同じ試験官がチェックするのであれば、間違いなく点数は上がらないと思いますが、別の試験管が再度確認するので、上がる可能性も下がる可能性もあります。

$230で各モジュール(スピーキング、ライティング、リスニング、リーディング)を選んで、申請する事もできますし、全てのモジュールを申請する事も可能です。料金は、同じです。

私は、全てのモジュールのリマーク申請をしてみました。そして結果は、ライティングが1.0ポイント上がりました。私の場合は、ライティングのポイントが非常に低かったので、納得の結果となりました。尚、点数が上がった場合は、$230は払い戻しされます。つまり、無料です。結果に不満のある方は、リマークしてみる価値はあると思います。
posted by フリーマン at 09:00 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

IELTSの試験について

IELTSの試験のスケジュールですが、ユニテックのケースを説明します。受験する学校により、順番が異なります。

ユニテックは、申し込んだ時に渡される紙を見ると、11:30に集合と書いてあります。しかし、受付が始まるのは、12:00からで、実際のテストは、午後1:00からとなります。

1.受付時に、写真撮影、指紋システムにて指紋認証があります。
  その時に、パスポートも見せます。
2.その後、受験する教室に行き、入室時に指紋認証を行います。
  携帯等の持ち込みは禁止です。
3.リスニング45分位、リーディング1時間、ライティング1時間
  の順番で行われます。この時、各テストの間にはトイレに行けま
  せん。試験時間が始まってから行く事は可能ですが、時間をロス
  してしまうので、テストの前にトイレに行く事と、テスト前には、
  飲み物は、控えた方が良いと思います。
4. そして、16時よりアルファベット順に、指紋システムに登録してか
  ら、スピーキングテストを行います。

朝の弱い方には、ユニテックは良い環境だと思います。以前私の友達が受験した時に、指紋認証システムが壊れてしまったり、認識率が低かったりして、時間がかかる場合があります。ここの受験環境は、あまり悪くありません。スピーキングの高年齢の試験官は、とても優しいです。若い人はあまり優しくありません。

マッセー大学は、リスニング、リーディング、ライティングのテストは、午後からですが、スピーキングが午前中にあります。順番及び時間は大学が指定します。ここの受験環境は、リラックスしていてとても良いのですが、お金の支払いが、ゲート1で行い、その後申し込みがゲート5になるので、車がないと面倒だと思います。ゲート1からゲート5は3km位離れています。

オークランド大学は、たぶん2日間に分けてテストをすると思います。スピーキングの試験官についてですが、あまり良いうわさを聞きません。かなり、厳しい様です。

マヌカウ専門学校は、朝9:00から試験が始まると思います。悪い評判はあまり聞きせん。


posted by フリーマン at 13:44 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

IELTSの試験場

ニュージーランドの大学に入学される場合には、アカデミックのIELTSを受ける必要があります。大学にもよりますが、5.0以上必要だと思います。そして、永住権を申請する場合には、ジェネラルのIELTSが必要となります。スキルドカテゴリーの場合には、6.5が必要となります。

オークランドでは、下記の4つの場所で受講する事が可能です。申込書も、下記の学校のIELTSの受付にあります。インターネットからダウンロードしても問題ないと思います。
1.オークランド大学
2.ユニテック専門学校
3.マッセー大学
4.マヌカウ専門学校

試験結果は、IELTSの結果確認サイトに表示されます。表示されるのは、試験の13日後の金曜日と言われますが、実際は、木曜日の21:00以降に表示は通常表示されます。ただ、データを入力しても表示されない場合もあります。そして、結果のレターは、自分で取りに行く事も、送ってもらう事も可能です。これは、試験時に自分で決めます。
posted by フリーマン at 09:00 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

子供が英語を覚える方法

家のオーナーの娘さんが、2歳位の時、彼女は既に、車を指して、"a car"と言っていました。日本では、車を1台でも2台でも車としか言いませんが、英語では一台の時は、a car で二台の場合には、carsになります。要は、子供の時から、既に単語が単数形か複数形かを判断して話しているという事です。

そして、子供が英語を覚える順番は、親からの言葉を聞きます(リスニング)。そして、それを自分で話す(スピーキング)様になります。そして、両親から本を読んでもらい今度は自分で読める(リーディング)様になります。自分で読む段階の時は、何度も同じ本を読んでいるのでほとんどのフレーズは覚えています。そして、学校に5歳から入学して、アルファベットの書き方を勉強します。

私は、この娘さんのベビーシッターをして、この子を寝かす時に、「本を読んで」と言われたので、読んであげたら、読み方に抑揚がないと言って注意されてしまいました。彼女は、こうやって読むんだよと教えてれました。しかし、彼女は本の内容を覚えていて、ほとんど読む必要もないほどでした。子供の力って凄いなーと思いました。

この事を考えると、日本の今までの教育は、とても間違っていると思います。以前は、中学校等で英語の読む練習や書く練習をします。リスニングやスピーキングもしますが、英語の先生のスピーキングが日本語英語なので、海外に来ると全く聞き取れませんし、通じません。日本で英語の先生の英語が聞き取れない事は、ほとんどないと思います。つまり、日本の英語の勉強は、勉強の為の勉強になっており、全く役に立ちません。直ぐに、英語の先生は、海外留学をした方が良いと思います。その方が、生徒の為です。
posted by フリーマン at 09:00 | Comment(1) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

海外では、大人が学校に行くのはあたりまえ!!

日本では、MBAなどに行く以外は、就職してから学校に通う人はあまりいないかもしれませんが、ニュージーランドでは、就職しても大学などに再度入学して、自分のキャリアを上げる必要があります。その為、大人の人でも大学等に行っている人は沢山います。

語学学校の場合も、移住するには英語の試験が必要な場合もありますし、生活するのに英語力が必要となりますので、沢山の大人の人々が語学学校にも行きます。

しかし、若い生徒しかいない語学学校もありますので、もし語学学校に入られる場合には、一度語学学校を訪問して、確認した方が良いと思います。若い子が多い学校は、授業中非常にうるさい場合もあります。

ニュージーランドの語学学校では、気軽にトライアル(1時間無料で体験)を受ける事ができる語学学校が多いので、一度聞いてみて下さい。
posted by フリーマン at 14:30 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

語学学校の先生の質

私は、今までに4つの語学学校に行きました。トライアルと呼ばれる語学学校に入る前に、テスト的に1時間位授業に参加する事も4校位行いました。

その経験から言える事は、金額により英語の先生の質は変わらないと思っています。高い語学学校に必ず優秀な先生がいるとは限りません。人気があり、料金が高いところは、マーケティングなどの勧誘する機能が発達しているので、世界中から生徒を募集する事が可能である為だと思います。

多分、ニュージーランドで一番高い学校は、週にフルタイムで420ドル位だと思いますが、その学校はエージェントのバックマージンが高いので、ヨーロッパの国々のエージェントはその様な学校としか契約していないんです。しかし、ヨーロッパ人を勧誘するとアジア人はヨーロッパ人が好きなので、その学校に行こうとします。その為、生徒を高い値段でも勧誘する事が可能なのです。


あなたも日本を飛び出して英語を勉強してみませんか?
posted by フリーマン at 14:09 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

ニュージーランドの語学学校のシステム

ニュージーランドの語学学校は、通常2時間X2で一日4時間をフルタイムと呼んでいます。つまり、一日2時間だけ受講する事も可能です。ニュージーランドの日本食レストランなどにある無料の日本語情報誌には、学校の紹介などがあり、フルタイムいくらと書かれている場合が多いと思います。

日本人の場合、3ヶ月まで観光ビザでニュージーランドに滞在することが可能ですので、3ヶ月以上滞在される方のみ観光ビザの更新又は学生ビザを申請する必要があります。しかし、学生ビザを申請する場合は、フルタイムのコースに申し込む必要があります。

ビザの詳細については、を下記をご確認下さい。

ニュージーランドの観光ビザ・訪問ビザ:8秒ニュージーランド

ニュージーランドの学生ビザ・ガーディアンビザ:8秒ニュージーランド


posted by フリーマン at 13:49 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

語学学校のクラスについて

これは、私の意見ですので、学校毎にレベルは異なると思います。初めて語学学校に行く人は、20分から1時間のプレイスメントテスト(クラス決めテスト)を学校で受ける必要があります。それにより、クラス分けが行われます。新しい学校に行く以前に他の学校に行っていた証明書があれば、テストを受ける必要がなくなる場合もあります。

1.エレメンタリー
  英語を読むのも話すのもかなり難しい人向けの初級者用です。私の家のオーナーは英語の先生なのですが、英語を全く話す事も書く事もできない人がニュージーランドの学校に来る事があり、その場合はかなり苦労すると言っていました。
 英語を読むのも話すのもかなり難しい人向けの初級者用です。

2.プレインターミディエイト
 このレベルは、英語を読む事も話す事も多少はできる方向けです。通常日本で英語を習った人達で多少英語の得意な人はこのクラスではないかと思います。

3.インターミディエイト
 このレベルは、英語を読む事も話す事もある程度はできる方です。日本にいる方で私は英語が話せると思っている人達はこのレベルだと思います。

4.アッパーインターミディエイト
 このレベルになると英語を話す事をあまり苦も無くできるレベルだと思います。

5.TOEIC
 レベルは関係ないと思いますが、TOEICを受けたいと思っている方向けのコースがあります。私の友達が受けたところ、このクラスはほとんど友達とクラスで会話する事もなく、ひたすら読み書きの訓練をする様です。TOEICは、ニュージーランドではあまり有名な英語の試験ではありませんので、あまりクラスを設けている学校はありません。あっても、一日2時間のパートタイムクラスが多いです。

6.IELTSジェネラル
 このコースは、英語圏以外の人が永住権をとる為に必要となる英語能力を証明する為のテストです。永住権を取るには、現在はIELTS 6.5以上を取る必要があります。これは、IELTSの試験に慣れた人で、かなり英語が話せるレベルです。このコースに入る為には、インターミディエイト以上の英語能力が必要となります。

7.IELTSアカデミック
 このコースは、ニュージーランドで大学に行く場合に必要となる英語能力を証明する為のテストです。学校によっても異なると思いますが、IELTS 6.0以上は必要だと思います。尚、IELTSジェネラルよりIELTSアカデミックの方が同じポイントでも能力は上になります。
posted by フリーマン at 13:11 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

エージェントを通す学校について

ニュージーランドの語学学校エージェントは通常無料で、学校紹介などを行っています。私は、最初エージェントを通すと、その後何かしらのお金を請求されると思っていました。しかし、この無料学校紹介は、非常に良心的なシステムです。

エージェントは、生徒を語学学校に紹介するとバックマージンという形で、紹介料を語学学校からもらいます。その為、入学する人からお金を取る必要はないのです。その為、安心して紹介してもらうといいと思います。(お金を取るところもあるかもしれませんので確認して下さい。)

尚、エージェントを通すのと直接学校に申し込むのとの違いですが、直接学校に申し込んでも料金は変わりません。つまり、エージェントを通した方が、楽に同じ金額で入学できると言う事です。

学校にもよりますが、トライアル(1時間位試しに受けてみる)を受けられるところもあります。これもエージェントが手配してくれると思います。トライアルができない学校でも学校見学等はできると思いますので、エージェントに頼んで見て下さい。

しかし、エージェントに頼む学校は通常学費も高いです。なぜならば、学校側はバックマージンをエージェントに支払う必要があるからです。
posted by フリーマン at 13:04 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

ニュージーランドの語学学校に学生ビザで行く場合

ニュージーランドの語学学校に学生ビザで行く場合は、最低でも80%以上の出席が必要となります。80%と考えると非常に大変の様に思えますが、実際には一週間に1度は休める事になります。用事があったり、風邪などの病気の事を考えてターム(学期)の最初はできるだけ出席する様にした方がいいと思います。

もし、出席率80%以上行かない状況になった場合は、学校から連絡がきます。そして、出席しないと強制送還になる可能性もあると警告がきます。警告が来た後、学校側からイミグレーションに連絡を入れる事になり、そうなると強制送還になる可能性もあります。

ニュージーランドは、お金を支払ってニュージーランドに滞在する場合は、非常に寛大だと思います。しかし、ワークビザなどお金を稼ぐ事ができるビザで、ニュージーランドに滞在する場合の更新は、非常にシビアです。

語学学校に通っていてもIELTS5.0以上のスコアーを取得している方は、週に20時間働ける学生ビザが発行されます。それ以外の方は、働く事はできません。ポリテクニック(専門学校)などに通っている人も、週に20時間、夏休み中はフルタイムで働く事が可能です。しかし、語学学校に通っている韓国人の人達は、レストラン等で働いている場合もあります。
posted by フリーマン at 13:01 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

今更、語学学校に行くのは恥ずかしいと思っている人へ

今更、「語学学校に行くのは恥ずかしい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

実は数年前の私もそうでした。私も英語はほとんど話せませんでした。初めてホームステイをしたのが30歳を超えてからです。その時は、ニュージーランド人のお宅にホームステイをしていたのですが、全く話す事ができなかったので、フェリーを間違えて夕食に間に合わない時に、電話で連絡する事もできませんでした。

しかし、今は電話もできますし、パーティーなどで話をする事もできます。今思えばニュージーランドで英語を勉強して本当に良かったと思います。

あなたも「私は何歳だからもう遅い」とは思わないで下さい。あなたが生きている限り、何かをする事に遅いと言う事はないと、私は思っています。 LET'S TRY !!
posted by フリーマン at 12:14 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

ニュージーランドの語学学校について

 ニュージーランド語学学校(語学留学)についてですが、例えば初めに1年間申し込んでしまうと、どんなに嫌な学校でも辞めたらお金は返ってきません。その為、事前に自分に合った学校及びクラス探す必要があると思います。それは、実際に自分で行ってみなければわかりません。ニュージーランド語学学校では、一日体験レッスン等を行っているところも多いので、是非それを何校か体験してから、語学学校に入学した方がいいと思います。学校つまらないと、友達もできないし、ニュージーランドつまらなくなります。

 語学学校の場合は、80%の出席率を達成しないと、次回学生ビザ取得する事ができません中国人親にお金を出してもらっている人は、学校にあまりきませんので、大抵は国に戻されています学生ビザ語学学校に行っている人は、アルバイト等の仕事をする事はできません。以前、学生ビザで働いていた中国人強制送還されました。

 日本人望む白人(ドイツ人他)がいるのは、費用が高いところです。ニュージーランド語学学校には、ブルガリヤスイス系ジャーマンなどが多いです。それと、南米から来ている人もいます。

  私の友達のスイスジャーマンの話だと、エイジェントが紹介するところが、2つの学校しかなく、そのどちらも費用の高い学校でした。それは、エージェント生徒学校入学するとバックマージンをもらえるので、より高い費用のところに生徒を送り込んだ方がいいからです。

 ニュージーランド
日本人エージェントの方々も、もちろんバックマージンは入るのですが、高い学校に入れとは言われないと思います。(言われる場合もあるかもしれませんが...)でも白人と一緒に授業を受けたい人はシティー高い費用ところに行けばいいでしょう。

 費用の高い語学学校は、高飛車なところが多く、体験レッスン等をしておりません。その為、見学をさせてもらうか、1週間又は2週間ショートターム申し込んで学校の雰囲気又は先生の教え方を確認した方がいいと思います。

 授業については、学校に依存するのではなく先生に依存します。同じ学校でも様々なレベル様々な性格先生がいますので、それによって授業英語に関する意気込みもまた変わってくると思います。
  以前笑い話で聞いたのですが、語学学校を探している人で、ニュージーランド人がいるところを探している人がいたそうです。

 以前友達に聞いた話では、1年間親が語学学校を申し込んでしまい、学校に行ってみると、申し込んだ学校が中国人経営の為、ほとんどが中国人で、その人は1人のクラス(理由はわかりません)で、友達もできない中国人ばかりで辛そうだったと言う事も聞いた事があります。

 Pre-Intermediaite(英語クラスの下から3番目位)以下のクラスだと、親に無理やり来させられている中国人の子供などがいて、その子達全く英語を覚える気はなく、全くやる気がないので、先生の話も聞いていない場合があります。この様な場合は、自分のやる気も出てきませんので、是非体験レッスンをしてから学校を決めて下さい。
 
 「私は、若くないので今更若い人と一緒に語学学校へは行けない」とおっしゃられる方もいらっしゃると思いますが、シティーはやはり若い人達が多いです。18歳から25歳位が多いのではないでしょうか。

 シティーではなく周りの地域に行くとコミュニティースクール英語学校があり、そには、永住権を持っているが英語が得意ではない移民の方々が沢山いるので、年齢18歳から60歳位と幅広いので、若くない人にとっても居心地はいいでしょう。

 私も実はそこに行っています
。なんせ私もオーバー30なのです。しかしながら、私がどこに行っているかは教えられません。しかし、そこの料金とてつもなく安く、通常は一日2時間の授業で一週間最低でも$180位ですが、そこは、時間は1時間30分短いものの8週間で、たったの$250です。何故、教えられないかという日本人が増えてほしくないからです。ごめんなさい。

  上記の内容以上の語学学校の情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。
posted by フリーマン at 16:29 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

ニュージーランドの高校留学

 ニュージーランドに来られている留学生の話を聞くと、自分の意思できている人が非常に多いです。親の意思で来ている人は勉強にも熱が入らず、なんとなく過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか。

オークランドで一番日本からの留学生が多いのは、オークランドのタカプナにあるタカプナグラマースクールの様です。次にランギットトカレッジではないでしょうか。
    
ランギットトカレッジのホームページ
タカプナグラマースクールのホームページ
バーケンヘッドカレッジ

ニュージーランドの高校へのスポーツ留学に関しましては、下記のサイトをご参照下さい。
      
ニュージーランド留学:モアニュージー


  上記の内容以上の高校の情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。

この記事が役に立ったと思った方は、
人気blogランキングへ清き一票を!!
posted by フリーマン at 17:50 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)

ニュージーランドの大学

  ニュージーランドに3ヵ月以上の留学するには、学生ビザが必要です。学生ビザは、在日ニュージーランド大使館で取れると思います。特に下記の部分を見て下さい。

      在日ニュージーランド大使館の学生ビザ申請の手引き

  ニュージーランド大学留学される場合は、ある程度の英語能力が必要だと思います。通常IELTS6.0〜7.0位は必要だと思います。IELTSは、英語を母国語としない人を対象とした英語力の判定テストです。でも英語圏以外の国の方用に大学入学準備コースがある大学もあります。

 IELTS
は、満点が9.0ですので、かなり難しいです。多分ニュージーランド人でも9.0を取れる人は珍しいでしょう。更に年々内容が難しくなっている様です。

 TOEIC
との違いは、TOEICリスニング、リーディングが必須でライティング、スピーキングは必須ではありませんが、IELTSリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つ受ける必要があります。もちろん、TOEICより大変です。なぜなら、日本人は、スピーキングがウイークポイントだからです。

 大学へ通う場合は、IELTSアカデミックテスト結果が必要となり、永住権申請の場合は、ジェネラルテスト結果が必要となります。通常、語学学校一年位通ってそれから、大学へ進学される方が多い様です。

 ニュージーランドの大学は、全部で8校しかありません。全て公立だと思います。日本の大学と違ってニュージーランドの大学は卒業するのが大変です。3分の1位の人は途中で辞めてしまう様です。留年している人もかなり多い様です。私の友達も留年していました。

  上記の内容以上の大学の情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。

この記事が役に立ったと思った方は、
人気blogランキングへ清き一票を!!


posted by フリーマン at 20:10 | Comment(0) | 留学(語学学校,IELTS,TOEIC)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。