■ ニュージーランドへの航空券

東京(羽田/成田)・関西からニュージーランドのオークランドへの直行便 104,000円から

ニュージーランド直行便の航空券を購入するには、ニュージーランド航空  一番安い航空券を提供しています。サイトにオンライン最安価格保証があるので、これ以上の直行便の格安チケットを他のサイトで得る事はできません。

スマートフォンの方はこちらから!!

1万ドル以上の預金

ニュージーランドに入国する時に、税関への申請なく持ち込める現金は、1万ドルまでなので、あまりないケースだとは思いますが、銀行に1万ドル以上入金時には、証明書が2つ必要となります。

もし、1つしか持っていない場合には、ごねると「次回はきちんと持ってきて下さい」と言われて、預金できる場合もあります。もし、忘れてしまったら粘って見て下さい。
posted by フリーマン at 15:51 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

銀行口座作成

銀行口座作成する場合には、 学生ビザ、ワークビザ、永住権等が必要となります。観光ビザでは、作成できないと思います。

作成時には、通常2つ以上の証明書が必要で、パスポートともう一つは、学生ビザの場合には、学校の入学許可書などで大丈夫です。社会人の方は、ニュージーランドの運転免許書等で作成できると思います。
posted by フリーマン at 19:18 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

ニュージーランドの金利

ニュージーランドの金利は、ニュージーランド準備銀行が決めています。日本で言うと日銀の役割をしています。

オフィシャルキャッシュレート(金利)を見るとわかりますが、今は、2.5%になっています。2007年から2008年位は、8.0%以上ありましたので、非常に良かったのですが、金融危機の影響を受けて、今は低迷しています。しかし、日本の金利は、1%以下なので、日本よりは高いです。

日本政策金利の推移詳細
NZ政策金利の推移詳細

通常、一般の人は、銀行の金利を見られると思いますが、今は3%前後が一番低い金利になります。各銀行の金利の詳細は、8秒ニュージーランドのニュージーランドでの預貯金の色々にてご確認下さい。
posted by フリーマン at 14:08 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

クレジットカードの未払い

ニュージーランドから母国に戻る時に、クレジットカードなどの支払いをせずに帰る人が多いそうです。ニュージーランドの場合は、クレジットカードの請求は通常銀行から来ますが、銀行が無理だと判断した場合には、Baycorpなどの取立て会社にお願いをする様です。その為、ある時期から取立て会社のレターが来る様になります。

もし、最終的に支払わなかった場合には、今後ニュージーランドの全ての銀行で、口座が作れないくなるそうです。私の友達が言うには、その場合でも入国はできると言っていました。
posted by フリーマン at 17:19 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

口座からのお金の引き出し

ニュージーランドの銀行のカードには、全てEFTPOS(エフトポス)の機能が付いていますので、お金を持ち歩く必要がありません。しかし、現金が必要になる時もあると思います。近くに、自分の銀行のATMが無い時には、スーパーマーケットで引き出す事が可能です。買い物をした後で、エニシングエルス(他にはありませんか?)と聞かれますので、その時に、100ドル引き出したいと言えば、現金をもらえます。

グロッサリーショップ(果物屋さん)でも可能なのですが、私が聞いたお店では、40ドルまでしか引き出せないと言っていました。その為、お金を引き出したい時は、大手のスーパーマーケット(カウントダウン等)に行った方が良いと思います。
posted by フリーマン at 08:00 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

キャッシュパスポート(マスターカード)

日本からニュージーランドに来られる場合に、キャッシュパスポート(マスターカード)を持ってこられる方も多いと思います。このカードは、ニュージーランドのほとんどのATMマシンでお金を引き出せるので便利ですが、ATMのマシンで残高参照をすると、とてつもない数字が表示されます。つまり、ATMマシンでは残高を参照する事ができません。

その為、マイアカウントを登録して、パソコンで見れる様にした方が良いです。
posted by フリーマン at 10:04 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

バンクチェック(Bank Cheque)の作り方

ニュージーランドで、友達や会社などにお金を送る場合には、バンクチェック(Bank Cheque)で送る事が可能です。バンクチェックの場合には、送り主は銀行になりますので、ご自身の名前は記述されません。(銀行の控えには名前が記述されます。)
必要なのは、1.身分証明書、2.ATMカード、3.送り先の名前、4.送金金額です。
尚、私は通常自分の口座がある銀行で作成するので、口座がない場合には、送れるかどうか私はわかりません。

手数料は、キューイバンクでは1枚$5でした。別の銀行は、若干金額が異なるかもしれません。バンクチェックは、宛先、金額等全て記入されて、手渡されます。
posted by フリーマン at 09:00 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

ニュージーランドの銀行

ほとんどの日本の銀行は、たぶん15:00には窓口が閉まると思いますが、ニュージーランドの銀行は、16:30までやっています。土曜日、日曜日は、ほとんどの銀行の窓口は閉まってしまいますが、ショッピングセンターの銀行の窓口は空いていますので、平日行けない方も、土日に行く事が可能です。
詳細は、8秒ニュージーランドのニュージーランドの銀行関連のページにて調べて下さい。
posted by フリーマン at 15:02 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

銀行口座維持費

日本は、通常銀行口座維持費は、無料だと思います。しかし、ニュージーランドは、キューイバンク又は、TSBバンク以外の銀行は、最低でも1ヵ月$5位かかります。その為、もし銀行口座を作成するのであれば、キューイバンクがいいと思います。TSBバンクは、支店及びATMの機械が少ないので、不便だと思います。キューイバンクは、政府のお金が入っているので、他の銀行より安心です。

ニュージーランドで、銀行口座を作る場合には、学生ビザ又はワークビザが最低でも必要となると思います。

クレジットカードも日本では、無料の物も多いと思いますが、ニュージーランドでは、ほとんどクレジットカードが月額費用が必要となります。最低でも$25位からだと思います。デビットカードは、キューイバンクが年間$10で発行しています。
posted by フリーマン at 17:48 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

ニュージーランドのチップとサービス料

ニュージーランドは、基本的にチップやサービス料がありません。ホテル等で小銭が無くて、チップが置けないなどと考える事もありません。しかし、レストラン等では、お金持ちの人達は、チップを置いていく場合も多い様です。日本人レストラン等で働いている人達から良く聞きます。
posted by フリーマン at 15:22 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

ニュージーランドドルへの両替(換金)について

これは、2007年6月5日に確認した内容です。それぞれの換金場所(銀行等)で日本円からニュージーランドドルへ換金した場合の比較として役立つではないかと思っています。

私は通常少量の日本円をニュージーランドドルに両替する場合には、下記の新生銀行のカードを利用して両替しています。

      新生銀行「インターナショナルキャッシュサービス」

両替する金額が大きい場合は、ロイズ銀行の送金を利用しています。

          Goロイズ海外送金サービス

それでは、比較内容ですが、YOMIURI ONLINE の為替レートが、買い気配91.07円 売り気配91.23 円でしたので、通常の為替として表示されているのは中値ですので91.14円位だと思います。

  その日に新生銀行のカードで実際に$500をニュージーランドのANZ銀行で引き出したところ47,381円でした。これは1ドル94.762円になります。新生銀行のレートは、ビザのレートプラス4%です。ビザのレートが公表されていないので、実際に引き出して確認しました。

 下記にそれぞれの両替レートを記載します。

       新生銀行                          94.76円
   三菱東京UFJ銀行               99.68円
   ANZ銀行の日本支店     100.90円
   BNZ(ニュージーランド)       96.04円
   ANZ(ニュージーランド)           95.66円
     NZ大好き(円送金)             95.16円 
       イーストウインド(円送金)      95.66円
   ロイズ銀行(海外送金)         92.87円

つまり、同じ日で一番レートが良かったのは、ロイズ銀行(海外送金)になります。しかし面倒でないのは、新生銀行です。ATMで引き出すだけですので、非常に便利です。更に、ロイズ銀行(海外送金)は手数料がかかります。

この日にロイズ銀行の海外送金サービスで、日本円を送った場合と新生銀行との比較をしますと、ロイズ銀行東京支店のレートが92.87円でした。その為、新生銀行とのレート差は、1.89円の差があります。しかしながら、ロイズ銀行で送金する為には手数料(2000円+$16)が必要ですので、それを差し引いて計算すると、

例:¥200,000を日本からニュージーランドに海外送金した場合

   新生銀行 ¥200,000÷94.76=$2,110になります。
 ロイズ銀行 (¥200,000-¥2,000)92.87-$16=$2,116

この計算からいくとロイズ銀行で送金した場合には、6ドルの得になります。手数料を考えると¥200,000以下であれば、新生銀行のカードで引き出すのが一番賢い選択だと思います。

最近ニュージーランドの為替レートが非常に高くなっているので、少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

この記事が役に立ったと思った方は、
人気blogランキングへ清き一票を!!

posted by フリーマン at 14:04 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

小切手の換金方法

 ニュージーランドで小切手を換金する必要がある方もいらっしゃると思いますので、小切手を換金する方法を説明します。

例:BNZ(他の銀行も同じだと思います)


@BNZの窓口に行って、「この小切手をこの口座に振り込んで下さい」と言って小切手銀行カードを渡します。口座がないと小切手は換金できません
A窓口の人小切手を確認します。
B小切手OKだと、「銀行カードのPINナンバーを入れてください」と言われます。
C銀行カードPINナンバーを入力します。
D最後にレシートをもらって終わりです。

通常は、5営業日以内処理されるそうです。(BNZの場合)でも私の場合は、その日に口座に入っていました。超ビックリです。処理の遅い国であるニュージーランドでその日にやってくれるなんて超ラッキーでした。
posted by フリーマン at 15:00 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

買い物の消費税&チップ

 ニュージーランドで買い物をした場合も、もちろんTAX(消費税)を支払う必要があります。買い物のTAX(消費税)は、15%と日本と比べるととてつもなく高いと思いますが、ニュージーランドは内税ですので、金額は全て税込み価格で表示されている為、表示価格以上を支払う必要はありません。

それとチップなのですが、チップがあるとレストランに行ったときなど、「いったいいくら払ったらいいのか」迷う場合もあると思いますが、ニュージーランドは便利な事にチップが必要ありません。でももちろん素晴らしいサービスを提供してもらった場合はチップを支払っても問題ありませんよ。店員も喜ぶと思います。
posted by フリーマン at 09:25 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

海外送金(Goロイズ海外送金サービス)

             Goロイズ海外送金サービス  このサービスは、海外(ニュージーランド)に口座を持っていれば利用する事が可能です。これは、ロイズという銀行が行っているサービスですので、一般の会社が行っている場合に比べて安心なサービスと言えるのではないでしょうか。私も実際に2006年の6月末に使ってみましたが、何の問題も無く送金ができました。
 送金レートにつきましては、為替レート表をご参照下さい。このページの左側に記載がありますとおり「為替レートは 、当日午後3時までに資金が到着した場合に適用いたします。」とあります通り、このレートで送金されます。他の銀行等と比べても安いサービスだと思います。
 送金手数料として、2,000円支払い、受け取り側銀行に手数料として、エーエヌゼッド ナショナル バンクだと$11で、それ以外の銀行の場合は、$16になります。午後3時までに送金(日本の指定された口座)した場合は、同日付けで海外へ送られます。私の場合は、金曜日に送ったので、月曜日に入金になりましたが、通常は翌日に入金になると思います。
 送金方法は、自分が送金したい時に、B-link番号で指定された三井住友銀行の口座に振り込むだけです。特に連絡をしたりする必要はありません
 詳細につきましては、  Goロイズ海外送金サービス にてご確認をお願い致します。
posted by フリーマン at 13:08 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

円送金

 お金の送金ですが、ニュージーランドドルにて送金するより、円送金にてお金を送った方がレートが良くなります。円送金については、下記をご参照下さい。

                   イーストウインドの「日本からの円送金」のページ

                      イーストウインドのトップページ
 

 数社が円送金を行っていますが、日本の銀行が送ってくれるのであれば、皆さん安心だと思いますが、通常円送金をする場合に何が心配かと言うと、今まで聞いた事もない会社お金を送ってもらうのは、非常に心配ですよね。


 例えば、騙されてニュージーランドに到着したらお金が全く無い事になるのが心配で自分のお金を手放せないと思います。


 私はどうしているかと言うと、以前イーストウインドさんの会員だったのでイーストウインドさんの円送金を使っています。それと一日に引き出せる額も決まっていますので、まとまったお金を送る場合は円送金を使った方がいいでしょう。


 以前紹介した新生銀行のカードを作ってATMで引き出す方法だと、銀行にもよりますが一日$800までしか引き出せません。通常ATMでお金を引き出す場合に、$20〜$300を選択する様になっていると思いますが、選択する画面直接引き出したい金額を入れれば、その金額だけ引き出せます。私の友人が教えてくれました。試しに、Bank of New Zealand及びWestpac Banking Corporationで確認しましたが、どちらも出来ました。


 イーストウインドさん以外のところが大丈夫かどうかは定かではありませんが、多分、8秒ニュージーランドで紹介しているところは大丈夫だと思います。それでも心配だと言う方は私を信じて、イーストウインドさんの円送金を使って下さい。


 私もイーストウインドさんとグルだと思う方は、ふところに入れて持ってきて下さい。しかしながら、10,000ドル以上は申告が必要です。
                 

  円送金や多額の現金をニュージーランドに持ち込んだ場合どうするかですが、ニュージーランドの銀行口座を作成して、お金を口座で管理した方が安心です。ニュージーランドは泥棒も多い(日本はもっと多いですが)ので、現金で持っているのは危険です。ニュージーランド銀行口座を作成するには、1年以上のビザ等が必要となります。その為、ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ、ワークビザ、永住ビザ等を持っている人でないと作成できません口座を作る方法は、3通りあると思います。


1.自分で、ニュージーランドに来てからどの銀行がいいか判断して決める。
2.オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の日本支店で作成する。

        オーストラリア・ニュージーランド銀行現地口座開設のページ
 
3.自分ではできないので、NewZealand Working Holiday Centreさんのサポートで作成する。

            NewZealand Working Holiday Centreさんの銀行口座開設お手伝い

           NewZealand Working Holiday Centreさんのトップページ


 どれが安いかと申しますと、もちろん自分でニュージーランドにきて作成するのが安いです。しかしながら、「英語で何て言っていいかわからないし〜」と思っている人は、NewZealand
Working Holiday Centreさんのサポート
を使えばいいのではないでしょうか。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)日本支店で作成するのが一番楽にできますが、手数料合計9,500円(開設手数料が5,000円、外国送金手数料が4,500円)かかります。このシステムのデメリットは、口座を作成したら絶対送金が必要だと言うことです。

そこで、方法なのですが、


1.イーストウインドさんの円送金で日本で自分で依頼して、ニュージーランドに送ります。イーストウインド  さんは日本でお金を振り込んでから、11日以内に銀行を指定すれば、指定した銀行口座に入れてくれ  ますので、出発直前に行えば、大丈夫だと思 います。

2.ニュージーランドに到着後NewZealand Working Holiday Centreさんのサポートを使って自分で銀  行口座を作成します。

3.自分の口座イーストウインドさんに伝えます。自分のニュージーランドの口座に使えるお金として入   金されます。
 
  料金の比較ですが、NewZealand
Working Holiday Centreさん
開設手数料部分銀行口座開設申込書の記入と銀行支店へのスタッフ同行付プラス30ドルでできますので、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)日本支店と比べると、30ドル約2,250円ですので、半分以下になります。それとイーストウインドさん円送金手数料3,000円ですので、合計3,875円削減する事ができます。(2006年8月時点で1ドル75円で計算しております。)


上記の内容以上の円送金の情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。
posted by フリーマン at 12:00 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

ニュージーランドドルの為替レート

 ニュージーランド小さな国(日本の領土の70%程度で、400万人しかいません。)ですので、どっかの国の投資家グループ多額の投資をする場合もありますので、ころころ為替レートが変動します。その為、ニュージーランドドルの外貨預金をする場合は注意が必要だと思います。金利で利益がでても為替の変動損益が発生する可能性が非常に高いと言う事です。ニュージーランドにいれば、常にニュージーランドの為替の動向を見ておりますが、日本に方は多分あまり見ないでしょう。


 ニュージーランドドルの為替チャートを見たい方は、下記をクリックして下さい。

     Yomiuri On-Lineアットマネーニュージーランド為替チャート


 
為替チャートの詳細(1日、10日、一ヶ月、三ヶ月 他)を見たい方は、下記をクリックして下さい。NZドル/円の下にあるSelectの横のボタンをクリックして、表示したい日数を指定すると、チャートが表示されます。

                       新生銀行 リアルタイム為替レート


 表示されない場合は、Javaが必要ですので、下記の新生銀行さんのFAQを見て状況を確認し、インストールして下さい。

                               新生銀行Java FAQ


上記の内容以上の為替レートの情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。
posted by フリーマン at 12:00 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

ニュージーランドの銀行

 ニュージーランドの銀行についてですが、銀行のカードが全てEFTPOS(エフトポス)に対応しておりますので、お金を持たずに、買い物をする事ができます。日本でも試験的に渋谷等で行われておりましたが、今はどうなっているのでしょうか。ニュージーランドのほとんどの人がEFTPOSで支払いをします。
 
クレジットカードは、日本の様にクレジット会社が発行するのでは無く銀行が発行しています。EFTPOSの端末には、銀行口座のチェック口座通常口座クレジットカードを初めに選択する仕組みになっています。銀行のカードにクレジット機能も追加されているので、クレジットカードを出しても、お店の人はどちらを使うか確認して聞いてくる場合があります。通常は、EFTPOSだと思われますので、クレジットカードを使う場合は、クレジットと言った方がいいと思います。                                   

 ニュージーランドの銀行は、ほとんどがオーストラリアの資本が入っており、ニュージーランドのメジャーな銀行は、日本の銀行信用格付けより上になっていると思います。信用格付けについては下記をご参照下さい。このサイトにもありますが、東京三菱銀行よりほとんどが格付けは上になっています。
         ニュージーランド準備銀行の銀行信用格付けのページ


上記の内容以上の銀行の情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。
posted by フリーマン at 13:32 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

お金の持って行き方(新生銀行口座作成)

 ニュージーランドドルをどの様に持ってきた方が賢いかですが、私が友達に勧めているのは、新生銀行の口座を作る事です。

 新生銀行の口座を作成し、日本円を入れておくと、ニュージーランド国内のPLUS(プラス)のマークがついている銀行のATMで日本円の口座からニュージーランドドルを引き出す事ができます。

 ほとんどの銀行のATMには、PLUS(プラス)のマークがついているのでどこでも引き出せると思います。これは非常に便利で、ニュージーランドでいくらお金を使うかわからないのに、円をニュージーランドドルに両替して持ってくるのは、残った場合に為替損が発生するので、あまりお勧めできません。これは、現金及びニュージーランドドルのTC(トラベラーズチェック)もそうですが、(日本円のTC(トラベラーズチェック)を持ってくるのであれば問題ありません。)しかし、TC(トラベラーズチェック)はいちいちサインする必要があるので、盗られたり無くしても安心な分、面倒です。

 新生銀行のカードは、暗証番号さえ覚えていれば、ニュージーランドドルを引き出せますので、カードさえ無くさなければ大丈夫です。尚、手数料は、VISAのレート+3%の様です。ですが、VISAのレートが一般に表示されていないので、具体的にレートがいくらなのかはわかりませんがそんなに悪くはないと思っています。

 但し、カードが引き込まれて出てこない事もあるので、別の銀行カードやクレジットカード等があった方が安心でしょう。尚、ニュージーランドでクレジットカードを作るには、永住権又は市民権が必要です。
      
      新生銀行「インターナショナルキャッシュサービス」

 現金でお金を持ってくる場合は、ニュージーランドで両替した方が得になります。下記のサイトで比較して見て下さい。尚、オークランドの空港内には、Bank of New Zealand(バンクオブニュージーランド)の窓口が多分3つか4つあります。そこで両替すると下記の料金で両替が可能です。

    Foreign Exchange Rates by Bank of New Zealand

上記のサイトを開いて、Rate we will pay for your foreign cashと書かれた欄のJapanと書かれたところを見ると、それが日本円からのニュージーランドドルへ変えた場合の1ドルあたりの金額になります。ニュージーランドドルから日本円に換える場合は、Rate we will sell foreign cashのJapanと書かれたところを見て下さい。

 上のBank of New Zealand(バンクオブニュージーランド)のサイトの内容と、下記の三菱東京UFJ銀行のレートを比べて見て下さい。

         三菱東京UFJ銀行の外国為替相場一覧表

 CASH S.のNZD (ニュージーランド・ドル)が日本円からのニュージーランドドルへ変えた場合の1ドルあたりの金額になります。CASH B.のNZD (ニュージーランド・ドル)がニュージーランドドルから日本円に換える場合のレートになります。

 それでは、今日現在(2006年10月3日)で換金した場合の金額を比べてみましょう。

例えば、ニュージーランドに来て10万円使う事とします。
 日本の三菱東京UFJ銀行で両替した場合、100,000円÷86.15=$1160.766受け取る事ができます。これをBank of New Zealand(バンクオブニュージーランド)で両替した場合、
100,000円÷81.66=$1224.59受け取る事ができます。つまりその差およそ$63違ってきます。$63をニュージーランドで使った場合、夜飲みに行ってお釣りがきます。

 空港に窓口はありませんが、ANZ銀行(オーストラリア・ニュージーランド銀行)の換金レートは、下記をご参照下さい。

          Foreign Exchange Rates by ANZ

 上記のサイトは、Bank Buys Notesの欄のJapanと書かれたところが、日本円からのニュージーランドドルへ変えた場合の1ドルあたりの金額になります。オークランドの市内に行くとANZ銀行が沢山ありますので、市内で両替する事も可能です。



上記の内容以上のお金の情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。
posted by フリーマン at 12:00 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)

ニュージーランドの通貨

 ニュージーランドの通貨の単位はドルです。ドルと言っても日本の方が良く耳にしているのは、米ドルです。ニュージーランドはニュージーランドドルになります。
 現在あるのは、100ドル、50ドル、20ドル、10ドル、5ドル紙幣と2ドル、1ドル、50セント、20セント、10セント、5セントのコインです。

 2006年7月31日に新しい硬貨になりました。非常に小さくなりました。50セントコインが以前の10セントコインと同じ位の大きさになりました。2006年11月1日からは、旧硬貨は使えなくなります。それと5セントコインは廃止になる様です。既に、5セントコインをくれない店もあります。

 ニュージーランドの硬貨、紙幣を見たい方は下記にアクセスして下さい。
  
       ニュージーランドの紙幣の紹介:国際金融情報ネット

 硬貨(コイン)ですが、旅行が終わった後、空港の銀行等で、ニュージーランドの通貨(ドル)を日本の通貨(円)に換えてくれるのですが、紙幣(Note)のみで硬貨(コイン)は換えてくれません。その為、お金なので捨てるに捨てられないので、持って帰る事になりますが、それも非常に重くて困ります。

 残ったコインの使い方ですが、最後にマクドナルドやCafeで食事をしてできるだけ、硬貨(コイン)が上手くなくなる様にした方がいいと思います。あまり食べ過ぎると、出発後1時間位で機内食がでると思いますので、機内食が食べられなくなるので注意して下さい。

 ニュージーランドは内税(Tax 12.5%)ですので、計算はし易いと思います。しかしながら、全ての支払いを硬貨(コイン)でするとムットする店員もいますので、ご注意を!!。
 以前空港の近くのモーテルに泊まった時に、かなりの額のコインをフロントのテーブルに並べて支払っている英国人風の男性がいましたが、モーテルの店員はかなりムットしていました。

 それと出国の時にも出国税をオークランドの場合は$25を払う必要があるので、その分は残しておいた方がいいです。
posted by フリーマン at 17:12 | Comment(0) | お金(ドル、通貨,為替等)