■ ニュージーランドへの航空券

ニュージーランド航空往復チケット 羽田就航記念 総額79,000円〜
羽田(東京) - オークランド エコノミー 79,000円〜 
販売終了日:2017年5月1日(月)23:59
旅行対象期間:日本出発 7月21日(月) - 2018年3月26日(月)
ニュージーランド航空往復チケット 羽田就航記念 総額79,000円〜

ニュージーランド直行便の航空券を購入するには、ニュージーランド航空  一番安い航空券を提供しています。サイトにオンライン最安価格保証があるので、これ以上の直行便の格安チケットを他のサイトで得る事はできません。

スマートフォンの方はこちらから!!

解熱剤=風邪薬

日本では、風邪を引いた時には、風邪薬を飲み、熱が出た時又は、痛みがある時は、解熱剤を飲みますが、ニュージーランドでは、風邪の引き始めでも解熱剤であるパナドールを飲みます。つまり、風邪を引いたときには、このパナドールだけでいいのです。しかし、パナドールと言っても沢山の種類があります。金額の高い商品が早く効く商品です。

日本から持ってきた風邪薬は、ニュージーランドの風邪にはあまり効かない様な気がします。パナドールは、日本では見かけませんが、世界各地で販売されている様です。
posted by フリーマン at 15:18 | Comment(0) | 病気及び病院

コンタクトレンズ

もし、ニュージーランドに来てコンタクトレンズが無くなってしまっても、大丈夫です。EZYVISIONと言うサイトで、処方箋なしで購入可能です。私も2回購入しましたが、通常翌日又は翌々日(土日を除く)には届くと思います。

金額も、日本の価格と比べると安いと思います。

この会社は、ケリケリと言うオークランドから3時間位行った場所にありますが、私も行った事はありませんが、問題なく商品は届くと思います。

ハードのコンタクトレンズはオークランドにはほとんど売っていないと、友達が言っていました。以前は、ウェリントンから取り寄せたそうです。

因みに、この会社と私は何の関係もありません。ただのお客の一人です。
posted by フリーマン at 18:14 | Comment(0) | 病気及び病院

一年中花粉症

日本で花粉症の人は、3月から5月位が一番辛い時期だと思いますが、ニュージーランドは一年中花粉が飛んでいるので、常に鼻がつまっている状況です。

私は、日本でも花粉症でした。日本ではスギの花粉が多く飛ぶので、春になると花粉症になっていましたが、それ以外のシーズンは、問題ありませんでした。しかし、ニュージーランドは冬でも雨が多いので、一年中草木が緑です。その為、年間を通して、様々な花粉が飛んでいるのだと思います。もちろん、症状が改善される時もありますが、私の感覚では常に花粉症の様に思えます。
posted by フリーマン at 08:00 | Comment(0) | 病気及び病院

歯の治療

ニュージーランドでは、たぶん歯の治療に有効な保険はないと思います。もちろん、怪我などはACCと言う無料で誰もが受けられる保険があるので、問題ないと思いますが、虫歯や歯の治療は高いです。たぶん$100以上支払う必要があると思います。だだし、日本と違うのは、1回行けばそれ治療は通常終わります。日本の様に何度も行く必要はありません。

私は以前、親不知が腫れてしまい、ニュージーランドで抜く事にしました。その時、下の奥歯の親不知を2本抜いたのですが、1本抜くのに$450で、2本だったので$900、それと麻酔を使ったので$300で合計$1,200かかりました。麻酔をした後は、車を運転するなと言われて、更に怪我をする心配があるので、誰かに迎えに来てもらえと言われました。
posted by フリーマン at 16:41 | Comment(0) | 病気及び病院

鼻づまりの薬:オルトビン

鼻づまりの薬として売られているオルトビン:Otrivinは、3分位で鼻がスーット通ります。ひどい風邪を引いた時には、是非使いたい薬です。ただし、日本ではたぶん禁止されている血管収縮剤が入っている様なので、使いすぎには注意が必要です。

私は、ひどい風邪を引いた時に使っていましたが、使いすぎた為、風邪が治った後、夜眠れなくなってしまいました。それと、血圧が高くなってしまいました。ただし、凄くよく効きます。
posted by フリーマン at 00:00 | Comment(0) | 病気及び病院

アトピーについて

ニュージーランドに来て、アトピーになってしまう人も多いです。たぶん、家が古いので日本でも昔使われていたアスベストなどを使った家があるのかもしれません。その為、家を変えたらアトピーが改善された人もいます。

もし、日本で既にアトピーと診断されている方は、薬は持ってきた方が良いと思います。こちらに来てアトピーになった人は、保険に入っていれば、全ての治療費及び薬代は、後で返金されると思います。
posted by フリーマン at 15:53 | Comment(0) | 病気及び病院

マスクをつけている人

ニュージーランドでは、咳きや鼻水が止まらなくても、マスクは付けません。その為、マスクを付けて歩いていると変な人だと思われると思います。その為、できるだけマスクは付けない方が良いと思います。
posted by フリーマン at 09:00 | Comment(0) | 病気及び病院

水虫になる確率が高い!!

ニュージーランドに住む場合、家族で引っ越して来る以外は、フラットと呼ばれる皆で一軒屋を共有する事が多いと思います。その場合に水虫になる確率が高いと思います。なぜならば、他人とシャワールームを共有する事と、ニュージーランドではあまり掃除をしない場合も多いからだと思います。

私もフラットに住んでいて水虫になりました。そして、ラミシルを付けて治しましたが、一緒に住んでいる人が水虫なので、また水虫になってしまいました。そこで、一週間に一回は必ずシャワールームの床を掃除する様にしました。そして、シャワーを浴びる時は、足の指を全部上に上げて浴びています。

もし、水虫になってしまった時は、日本でも売っていますが、ラミシルが良く効きます。通常、毎日付けていれば、一週間位で治ると思います。

この薬は、薬局で売っていますが、私がお勧めするのば、スプレータイプです。塗るタイプですと、患部に触る必要があるので、私の場合には、手の指に水虫が移ってしまいました。手に移ると大変です。なってしまった人は至急治して下さい。他の人の迷惑です。
posted by フリーマン at 14:58 | Comment(0) | 病気及び病院