■ ニュージーランドへの航空券

ニュージーランド直行便 東京/大阪 - オークランド/クライストチャーチ 20%OFF
●東京 - オークランド/クライストチャーチ エコノミー 88,000円〜 
●東京 - オークランド/クライストチャーチ プレミアム・エコノミー 184,000円〜 
●東京 - オークランド/クライストチャーチ ビジネス・プレミア 289,000円〜 

●大阪 - オークランド/クライストチャーチ エコノミー 88,000円〜 
●大阪 - オークランド/クライストチャーチ プレミアム・エコノミー 174,000円〜 
●大阪 - オークランド/クライストチャーチ ビジネス・プレミア 259,000円〜 
旅行期間: 2017年10月16日 - 2018年4月26日
販売終了日:2017年10月2日
ニュージーランド直行便 東京/大阪 - オークランド/クライストチャーチ 20%OFF


ニュージーランド直行便の航空券を購入するには、ニュージーランド航空  一番安い航空券を提供しています。サイトにオンライン最安価格保証があるので、これ以上の直行便の格安チケットを他のサイトで得る事はできません。

スマートフォンの方はこちらから!!

パソコンのOS

ニュージーランドでは、日本語のOSは販売されていません。その為、パソコンを購入した場合には、英語のOSを使う事になります。Windows Vistaの場合には、英語のOSを日本語化した場合には、様々な問題がありましたが、Windows7はインストール時に日本語の入力を指定するだけで、問題なく日本語が使えます。

全てのOSのメニューは、英語ですが、通常それほど考えたり、読んだりして、メニューをクリックしないと思いますので、特に問題ありません。追加でインストールしたブラウザーなどは、全て日本語で表示できます。

以前と比べると良い時代になりました。
尚、OSは、オークランドのシティーでは、PB Techで購入可能です。

SIMロック解除したら...

ニュージーランドの携帯は、ほとんどSIMロックフリーだと思いますが、日本で3G携帯を使っている人は、SIMロック解除をすれば、ニュージーランドでもその携帯が使えると思います。2Gは、周波数等が違うので、使えません。

ニュージーランドに来たら、家電ショップ又は、ボーダーフォンテレコムツーディグリーなどの携帯通信会社のショップにてSIMカードを購入する事が可能です。

ザウェアハウスでも購入可能で、オークランドシティーの場合は、オークランドのメインストリートのクイーンストリートから、フェリー乗り場に向かった、左側のビルの3階にあります。それ以外のザウェアハウス場所でももちろん購入可能です。

携帯のSIMカードは、$10から購入可能です。シティーにいるのであれば、一番安いツーディグリーで良いと思います。一番使われているのが、ボーダーフォンで、どこでも繋がるのが、テレコムです。

プリペイ携帯は待ち受けのみもOK

日本では、プリペイ携帯は、以前犯罪等に使われたので、今はあまり使える機種が無いと思います。しかし、ニュージーランドは、短期で滞在する人が多いので、多くの人がプリペイ携帯を使っています。

私は、契約式の携帯を使っていないので、契約式の方は良く分かりませんが、プリペイ携帯はクレジットがなくなって、電話を掛けられなくなっても充電はしておきましょう。なぜならば、待ち受けは、クレジットがなくても可能です。

ニュージーランドは、電話を掛ける場合にはお金を取られますが、日本と同じ様に受ける場合にはお金を取られません。国によっては受ける場合にもお金を取られる事があります。

オーストラリアでニュージーランドの携帯を使う

私は、ボーダーフォンのプリペイを使っているのですが、オーストラリアに行った時、ニュージーランドの携帯電話を持っていきました。そして、オーストラリアのSIMカードを使わずに、ニュージーランドのSIMカードで問題なく使えました。

オーストラリアとニュージーランドは、人の行き来が多いので、この様な事が可能なのだと思います。しかし、ニュージーランドのSIMカードのトップアップ(チャージ)は、オーストラリアでは出来ないと思いますので、ボーダーフォンのウェブサイトに自分の携帯を登録して、そこで支払う必要があると思います。

料金は、ニュージーランドで使っている料金と同じ料金で通話が可能と、携帯の画面に出ていましたが、確かかどうかわかりません。

1TBのハードディスクは買うのは控えた方が良い

ニュージーランドは、場所や家にもよるとは思いますが、特に古い家だと電源の供給容量が十分でない様に思えます。
私は、初めに1TBの外付けハードディスクをニュージーランドで買ったのですが、当時1TB(テラバイト)の外付けハードディスクの場合には、ポータブル型が無かった為、3.5インチの電源を必要とする外付けハードディスクを購入しました。そして、使ってみたのですが、フォーマットをしてデータを入れたのですが、しばらくアクセスせずに、置いておいて、それからアクセスすると、「フォーマットしますか?」とのメッセージが表示されました。その為、ハードディスクがおかしいと思い、買ったお店に行ってテストをしてもらいましたし、自分でもテストをしました。しかし、ながらその時は全く問題ありませんでした。

残念な事に、家に戻って確認するとまた「フォーマットしますか?」とのメッセージが表示されてしまいました。そこでたどり着いた結論が、電源の供給容量が足りないと言う事です。その後、デスクトップ用の内臓1TBハードディスクを購入しましたが、こちらは、「フォーマットしますか?」とのメッセージは出ませんが、アクセスするのに多少時間がかかります。

懲りずに、1TBのポータブル外付けハードディスクを日本で買ったのですが、しばらくアクセスせずに、置いておいて、それからアクセスすると、トップディレクトリーのフォルダー名は見れるのですが、ファイルが見れなくなってしまいました。ただし、再度USBを接続すると見れる様になります。

上記の理由により、ニュージーランドでハードディスクを使用するには、500GBまでの方が良いと思います。これはあくまで、私の感想です。

ニュージーランドの携帯のSIMロック(iphone)について

ニュージーランドの携帯はSIMロックがかかっていません。下記のアップルのサイトを見るとわかります。アップル以外の携帯もSIMロックは、かかっていないと思います。

iPhone:ワイヤレスキャリアを調べる

iphoneの金額は、下記のサイトを参照して下さい。

PriceSpyのiphoneの検索結果

ニュージーランド内では、同じ携帯で、2degreesvodafoneの両方のキャリアが使えます。vordafoneから2degreesに同じ番号で変更する事も可能です。

2degreesは、SIMカードの料金も安いです。もちろんプリペイが使えます。日本への通話も安いです。44セント(30円位:2012年4月15日現在)で通常かけられ、トップアップ(お金を携帯に入金)してから1ヶ月は、固定電話のみ22セントでかける事が可能です。テキストは、ドコモにだけ送れる様です。詳細は、下記をご参照下さい。

2degreesの海外への電話及びテキスト

ニュージーランドの携帯電話


 携帯電話
ですが、レンタルする方法と、購入する方法があります。日本だと食い入る様にみんな携帯の画面を見ていますが、ニュージーランドでもそういう人は携帯電話がないと生きていけないでしょう。

  レンタル携帯電話は、月に20ドルから30ドル支払って、支払った分も通話料として使えます。しかしながら、自分がかけた以外の請求混ざっている可能性も多々ある様です。もし、自分が掛けた以上の請求がきている様でしたら、借りた業者に言って、交渉した方がいいと思います。
 
 私の知っているだけで、他人の請求も入っていた人は何人もいます。でもワーキングホリデーで来られている方は、レンタル携帯を使用している方が多いです。

  携帯を購入されたい方は、移住(ワークビザ、永住権)携帯電話の購入方法を見て下さい。

 携帯の購入料金については、下記のサイトをご参照下さい。

                           携帯価格 by DICK SMITH

 上記の内容以上の携帯電話の情報を見たい方は、8秒ニュージーランドをご参照下さい。