■ ニュージーランドへの航空券

ニュージーランド航空 羽田・成田 - オークランド直行便 \88,000〜
羽田(東京) - オークランド エコノミー 88,000円〜 
羽田/成田(東京) - オークランド プレミアム・エコノミー 179,000円〜 
羽田/成田(東京) - オークランド ビジネス・プレミア 288,000円〜 
販売終了日:2017年6月5日
旅行対象期間:7月21日(金) - 2018年3月26日(月) 
ニュージーランド航空 羽田・成田 - オークランド直行便 \88,000〜

ニュージーランド航空 関西 - オークランド直行便 \97,000〜
関西(大阪) - オークランド エコノミー 97,000円〜 
関西(大阪) - オークランド プレミアム・エコノミー 180,000円〜 
関西(大阪) - オークランド ビジネス・プレミア 259,000円〜 
販売終了日:2017年6月5日
旅行対象期間:10月27日(金) - 2018年3月26日(月)
ニュージーランド航空 関西 - オークランド直行便 \97,000〜

ニュージーランド直行便の航空券を購入するには、ニュージーランド航空  一番安い航空券を提供しています。サイトにオンライン最安価格保証があるので、これ以上の直行便の格安チケットを他のサイトで得る事はできません。

スマートフォンの方はこちらから!!

漫画喫茶->インターネットカフェ

日本では、外出中にインターネットを使いたい場合には、漫画喫茶に行くと思いますが、ニュージーランドには、漫画喫茶はありません。漫画自体もあまり売っていません。

ニュージーランドで、インターネットをしたい場合には、インターネットカフェと呼ばれるお店に行きます。カフェと言っても、コーヒーなどを飲む必要はありません。インターネットのみする事が可能です。安い場所は、一時間$2でインターネットを使用できると思います。自分のパソコンを持ち込んで、インターネットを使用できる場所もあります。何度も行かれる場合は、回数券等もある場所もあります。その場合は、安くなります。

ニュージーランドに来て漫画を読みたい場合には、インターネットで借りたり買ったりする事が可能です。
人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!
電子書店パピレス
eBookJapan(電子書籍ダウンロード)

インターネットのスピード

ニュージーランドのインターネットのスピードは、非常に遅いです。私の家は、たぶんテレコム(日本のNTT)に近いので、6M位でますが、テレコムから遠い家は、2M位のスピードになってしまう事もあります。そして、ニュージーランドでは、料金がダウンロードスピード毎に分かれていません。

日本は、どの位ダウンロードのスピードが出るかで料金が変わってくると思います。例えば、光が一番速くて、料金が一番高いです。ADSLは、ダウンロードスピードにより50Mプランから8Mプランと遅くなると料金が安くなります。しかし、ニュージーランドでは、スピードを選ぶ事ができません。全て同じスピードで、MAX Downloadスピードと記載されています。オークランドのシティーが一番スピードが早いと思いますが、15M位です。

値段は、ダウンロード容量により違います。日本は、通常ダウンロード無制限なので、ダウンロード量を意識する事はありませんが、ニュージーランドでは無制限の契約はほとんどないです。その為、一ヶ月のダウンロード容量によりコースを選びます。

ボーダフォンの金額例

実際にどの位のスピードが出ているかは、http://www.vodafone.co.nz/broadband/speedtest/ にて把握する事ができます。

ダウンロードは違法

2012年9月より、ニュージーランドでは、違法(著作権侵害)なダウンロードをした場合に、政府の要請で、インターネットプロバイダーから警告が来る事になりました。記事によると、2回までは、警告で、3回目見つかったら、罰金として15,000ドル支払う必要があるそうです。その為、ニュージーランドの法律は、日本より厳しいです。日本は、法律が施行されるまで、沢山議論があり、時間がかかりますが、ニュージーランドはあっという間に施行されます。

私の友達で今まで警告が来たと聞いた事はありません。私の知り合いのロシア人は、今まで沢山ダウンロードしているけど、警告など来た事がないと言っていました。しかし、いつ来るかわからないと思いますので、注意が必要です。

尚、動画のストリーミング(Youtubeなどを見る事)は、違法にはなっていません。

ニュージーランドのモデム&ルーター

ニュージーランドで、インターネットサービスプロバイダーに契約すると無料でルーターが提供される場合もあります。日本で買ったルーターは、たぶん通信規約等があり、海外で使えるとは書いていないと思います。そして、ルーターをニュージーランドで買うと$70から$300位します。
ディックスミスのルーター一覧

私の場合には、バッファローのワイヤレスルーターを日本から持ってきて、ワイヤレス部分のみ使っています。ニュージーランドは、日本の2倍以上の電圧があるので、変圧器が無いと一発で壊れてしまいます。私も1つ目のルーターを変圧器なしで付けてしまい壊しました。

サービスプロバイダーは、ボーダーフォンが比較的良いと思います。私の友達は、テレコムを使っていましたが、非常に遅く、繋がらない事も多い様です。

私は、ボーダーフォンから提供された、無料のルーターを使っているのですが、よく繋がらなくなります。以前、サービスセンターに確認したら、ルーター電源を一度きり、電話線を引き抜いて、2分位してから、再度ルーターを立ち上げて下さいと言われました。どうもコリジョンが溜まって、動かなくなる様です。

別のケースでは、天候が悪い場合に繋がらなくなる事が多いです。これはたぶん、各家庭に繋がっている銅線がむき出し又は、古くなっている為、銅線に水が付いて繋がらなくなるのではないかと思っています。ニュージーランドの家は、50年から100年前に建てられた家も多いので、銅線等は何の改善もされていないと思います。

インターネットプロバイダーのサービスセンターの電話は、どこもなかなか繋がりません。その為、ニュージーランドの人達は、電話をかけたまま、置きっぱなしにしています。電話がかかるのは、20分後になる事もあります。ニュージーランドでは忍耐力が必要です。

インターネットのダウンロード制限

ニュージーランドのインターネットにはダウンロード又はストリーミングを見る容量の制限があります。これは、契約によって違います。通常の家庭は、1ヵ月5GBや10GBの設定になっている様です。

誰がダウンロード又はストリーミングで沢山使ったかは、ISP(インターネットサービスプロバイダー)のサイトを見てもわかりません。使っている人全体の使用量のみ表示します。その為、フラットやホームステイに住んでいる人は、使ってもいないのに文句を言われる可能性もあります。
 そこで役立つのが、NetWorx:Gigazineの記事このツールを自分のPCにインストールしておくと、自分が何時にどれだけインターネットを使ったかわかります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。